BBクリームとCCクリームの違い BBクリーム豆知識

BBクリームとCCクリームの違いは?

投稿日:

BBクリームにCCクリーム、最近ではDDクリームも目にするようになりましたね。

ベースメイクとしてBBクリームはすっかり定着していますが、CCクリームは?
この2つの違いや特徴についてご紹介します。

便利な2つのクリームのことが詳しくわかれば、上手に使い分けたり一緒に使うことでさらに美肌を作れるかもしれません!

BBクリームって?

韓流ブームにのって日本へ渡ってきたBBクリームですが、発祥の地はじつはドイツの皮膚科でした。

ピーリングや手術後の肌を保護するために皮膚科医が開発したクリームだったんです。

BBクリームのBBは「Blemish Balm」の略で、傷につける軟膏という意味です。

このクリームに目をつけたのが整形大国の韓国でした。

整形やレーザー治療などの施術後の肌をカバーするためのクリームに、美容成分や化粧下地、UVケア成分などをプラスして一般女性が使いやすいようにアレンジして誕生したのがBBクリームです。

韓国で大ブームになったBBクリームはその後、韓流ブームに乗って海を渡り、日本でもすっかり定着しました。

CCクリームって?BBクリームのと違いは?

最近ではよく目にするようになったCCクリームですが、こちらは「Color Control」、「Complete Correction」などの略で、メーカーによっても違いがあるようです。

BBクリームが「傷につける軟膏」なら、CCクリームは肌の色を補正して美肌にみせるクリームです。

肌の欠点を隠すというよりは色補正でカモフラージュして素肌をきれいに見せる効果があります。

BBクリームとCCクリームのどちらがいいの?

●カバー力が高いのはBBクリーム

BBクリームはコンシーラーとしても使え、マットな仕上がりにもできます。

このためベースメイクだけでなくポイントメイクなども含めてしっかりメイクをしたい場合にはBBクリームの方がおすすめです。

●素肌感のあるナチュラルメイクにはCCクリーム

一方でCCクリームは肌色をコントロールする効果があるので、素肌をきれいに見せたい、透明感のある自然な仕上がりにしたい場合におすすめです。

スキンケア効果が高く日焼け止め効果があるCCクリームは、1日ナチュラルメイクで過ごしたい日には最適です。

日焼け止めクリームとしても使え、色補正効果ですっぴんのような素肌を透明感のある美肌に見せてくれます。

BB+CCで使うのもおすすめ

肌には明るい部分や暗い部分があり、またくすみや色ムラなどがひとつではカバーできなかったりします。

そんな時はそれぞれを顔のパーツごとに使い分けるのもおすすめです。

しっかりカバーしたい部分にはBBクリーム、肌を明るく見せたい部分にはCCクリームを使うことでメリハリのある立体的な印象に仕上がります。

また個々の肌質や使う時期、1日の過ごし方によっても違うので、その時々で使い分けてみるのもいいですね。

時短メイクでスキンケアもできる多機能クリームをぜひ効果的に使ってみてくださいね。

-BBクリームとCCクリームの違い, BBクリーム豆知識

Copyright© カバー力のあるBBクリームランキング! しみや毛穴、くすみもしっかりカバー , 2017 All Rights Reserved.